2018年4月16日月曜日

イベント『お花見会』

 スタッフの市川です。毎年行っているお花見会を今年も実施しました。今年は3月に暖かい日が続いたこともあり、宇都宮の桜のピークを少し逃してしまいましたが、それでもしだれ桜や八重桜などを堪能できました。当日は肌寒い日でしたが、皆さん思い思いに楽しまれていました。


 利用者のM.Kです。4月第1回目のイベントは「お花見」でした。徒歩で城址公園まで移動をして、昼食を楽しむという内容でした。当日は生憎の曇りで、カイロを持参する人がいる程低い気温でした。しかし、外出イベントということで、それぞれに期待を膨らませた様子で集まっていました。


 私は当初、城址公園でのみ桜の見学をするのかな?と考えていましたが、城址公園までの道のりでも桜を目にすることが出来ました。イベントの一週間前に個人で満開の桜を見ており、今回桜のピークは過ぎたと思っていましたが、釜川沿いにはまだしだれ桜が綺麗に咲いていたのが印象的でした。


釜川を経由して暫く歩くといよいよ目的地の城址公園に到着しました。お堀の外周には、沢山の桜の木が並んでおり、ここでも咲き誇る桜を見ることが出来ました。参加者の中にはスマートフォンを片手に見事に咲く桜の花を興奮気味でカメラに収める方もいました。お昼は、公園内にシートを敷いて大勢でお花見弁当を食べたのが新鮮でした。食事をした場所はすでに葉桜になっていましたが、新緑に囲まれリフレッシュでき、清々しい気持ちになりました。